男性

リノベーションをするなら相場を知っておくことが大切

こだわりの実現に向けて

ヘルメットを持つ人

素材は同じでも出来は違う

神奈川県が公開した平成29年度地価公示によると、県内平均の変動率では近年の上昇傾向から横ばいに変わりました。しかしながら、横浜市の住宅地の変動率は、上昇が続いています。このような状況の中で、新規物件の選択をするよりも、住み慣れた現在の家や、条件に合う中古物件を探しリフォームする方法で住み替えることに人気が集まっています。リフォームとは、老朽化した建物を新築の状態に戻す施工です。それ以外に、建物の性能を向上させたり、価値を高める施工をリノベーションといわれています。リフォームするには、建物の状態に合わせた目的をはっきりさせる必要があります。対象とする建物が、戸建てなのかマンションなのか、また規模と費用を重視するのか、仕上がりやデザインなのか、それとも施工スピードなのか、リフォームへのこだわりを事前に明確にしておくことが大切です。そなぜなら、業者にもそれぞれの得意分野があります。施工の規模が大きくなればなるほど、専門分野の業者が必要になるからです。例えば、間取り変更は構造工事、窓やドアなどは建具、台所や照明は設備工事と多様な業者が参画します。したがって、施工内容に合わせたリフォーム業者を選ぶ必要があります。事前に、インターネットなどで、数社に絞って見積もりを提出してもらい、内容の説明を詳しく聞くことが重要です。きわめて大切なことは、受身でなく主役として対応し、プロとしての提案をしてくれる業者を選ぶことです。選択する前には、実際の施工現場の見学や業者の所在地なども自分の目で確かめることも必要です。また、横浜は場所によって環境が大きく変わります。横浜南部の東京湾に面した場所では、潮風や日射などの対策をどのようにしているか。横浜北部では、高速道路などの防音対策をどのように工夫しているか。実際の施工現場で説明を受けることは、選択の際に大いに参考となります。